借地権という権利

土地を保有している、またその土地を有効利用したいと考えているという人は、借地権などに関しても知識を持っていると思いますが、土地などに関係がないという人にとっては土地に関する法律について理解されている方は少ないでしょう。

借地権というのは「地代を払い土地を借りる際に関わる法律」です。
借りるため、貸すために有償でない限り関係のない法律です。
例えば資材を資材置き場においているなどは含まれることはなく、賃借権や地上権、使用借権などの借地権の種類をみれば、借地権の質が理解できるでしょう。

簡単に借地権とは何かと説明すると、まず、第三者の土地に自己所有である建物を建てることができる権利です。
この借地権については旧法が存在していたのですが、あまりにも土地を貸す方、つまり地主に割の合わない法律だったため、借主、貸主双方共に納得がいく法律にしていくために、平成4年8月に借地借家法という新法が出来たのです。

建物所有を目的に建物を建てるため土地を借りる権利、これが借地権です。
家を建てたい、でも土地を持っていない、そんな時土地を借りてその借りた土地の上に建てるための法律が借地借家権という事です。
借地権というとただ土地を借りること、と思う方もいるのですが、大切なのは建物を所有すること、建築する事が目的であるという点なのです。

新法になってから借地権というとほとんどの場合、賃借権をさしています。
当サイトは借地権に関して知っておくと便利な事、有利になる事をお知らせします。
当サイトが皆様のお力に慣れたら幸いです。



☆TOPIC
借地権の新法と旧法の適用範囲やそれぞれの違いなどを知ることができるサイトです >> 借地権 新法